退職時の手続き(雇用保険申請)

退職すると、雇用保険被保険者証と離職票が退職元の会社から貰えるかと思います。これを含め以下の書類をハローワークに持って行き、手続きを行うことで失業手当が貰えるようになります。

申請に必要な書類

  • 雇用保険被保険者証
  • 雇用保険被保険者離職票-1及び2
  • 運転免許証、住民基本台帳カード等の本人確認書類
  • 印鑑
  • 顔写真(3 x 2.5cm)2枚
  • 本人名義の普通預金通帳又はキャッシュカード

注意したいのは、失業手当が受けられる期限は退職日翌日から1年間となっていることです。のんびりしてあまりに申請手続きを遅らせてしまうと、所定給付の日数が残っているのに給付が打ち切られる悲劇が起こる可能性があります。前述の健康保険とともに、退職したら真っ先に申請しましょう。

手続き及び給付の流れ

全体の流れとしては

  1. 雇用保険申請
  2. 初回説明会に参加にして、受給資格者証と失業認定申告書を貰う
  3. 4週間に一度ハローワークに出向き、失業認定してもらう
  4. 数日後に失業手当が口座に振り込まれる

3,4を給付期限が来るまで繰り返すこととなります。

失業認定には求職活動実績が必要

私は退職するまで知らなかったのですが、失業状態であるだけでは失業認定されません。1サイクル(前回の認定日から認定日の前日)までに、2回の求職活動実績が必要なので注意が必要です。要は、あくまで失業手当は働く意思のある人に対して支給されるべきもの。働く意思を活動実績という目に見える形で示しなさい、ということのようです。

2回と言っても、失業認定日には認定日相談といって、現在の活動状況を確認するための簡単な面談があり、実績と見なされます。ですので、実質1回の求職活動実績があれば良いことになります。

昔はハローワークのパソコンで求人検索をするだけで活動実績と見なされる楽な時代もあったようですが、今は駄目なので以下の様な求職活動を行う必要があります。

  1. 実際に求人応募を行う(インターネット経由もOK)
  2. 転職エージェントに登録して、セミナーや、転職フェアに参加する
  3. 国家試験、検定などの資格受験
  4. ハローワークで職業相談をする
  5. ハローワークが主催するセミナー、講習会に参加

1~5は、就職活動に対する本気度を私が勝手にランク付けしたもので、数字が少ない方が本気度が高いことを示します。本気で就職するつもりであれば1、2を中心に進める事となり、活動実績作りに困ることは無いでしょう。では、とにかく活動実績が欲しい!という人はどうしたら良いでしょうか?私のおすすめは職業相談かセミナー(但し、楽なセミナーを選ぶこと!)です。

職業相談

  • ハローワークに直接出向き、受付で番号札をもらう(事前予約は不要です)
  • 番号が呼ばれたら担当の職員さんに対し求職活動に関する相談を行う
  • 相談が終わったら、受給資格者証にハンコを押してもらう(これが求職活動の証明となります)

相談内容は求職に関することであれば何でも良いようです。但し、相談した内容をハローワークが履歴として残しているようなので、同じ質問を繰り返すことは避けた方がよいでしょう。

セミナー参加

私の管轄のハローワークでは、転職初心者を対象とした就職セミナーをほぼ1ヶ月単位で繰り返し開催していました。テーマは面接の受け方、履歴書の書き方、自己アピールの仕方などで、講師の方が説明するのを聞いているだけでよく、1回のセミナー時間は休憩を挟んで2時間でした。

セミナーの良い点は、同じセミナーを2回以上受けても実績として問題なくカウントされるということです。

質問、相談ネタに困らないよという方であれば、職業相談で活動実績作りをする方が楽です。私は質問、相談ネタを考える手間を面倒に感じたので、もっぱらセミナーを受け続けることで活動実績としてました。

コロナショックによる失業認定の影響について

私の住んでる地域ではコロナショックの影響により、2020年3月以降、ハローワーク主催のセミナーが全て取りやめになってしまいました。

その代わり、求職活動ができなかった場合でも給付が受けられる特例措置が適用中です(2020年9月末まで)。活動作りのために職業相談、セミナー参加をする必要はありません。

まとめ

無職になったらすぐにハローワークに行って、雇用保険の申請をしましょう。失業認定は職業相談かハローワーク主催のセミナーがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました